So-net無料ブログ作成
検索選択

ラスベガス ・ シルク ドゥ ソレイユ [観光スポット(USA)]

IMG_6994.JPG

 ラスベガスに着き、泊まったホテル「ベネチアン」です。

 ロビーの様子です。

IMG_6962.JPG

 ドームの美しい天井画

IMG_6961.JPG

 客室内の様子です。とても豪華に感じる部屋でした。

IMG_6970.JPG

IMG_6974.JPG

IMG_6972.JPG

 娘は、サンフランシスコで買った水着を身に着け、

 さっそくホテルのプールに行きました。私は、付き添い^^

13353_640425572759568_5877350032467748581_n.jpg

 プールから見上げて撮った写真です。

IMG_6981.JPG


 とてもたくさんの方々が、プールでデッキに横になったっり、水に入ったりして楽しんでいます。

 
 このベネチアンは、イタリアのベネチア、水の都ベニスをテーマにしています。

 館内には、運河も作られゴンドラも運航しています。

IMG_6983.JPG

 空のように見えるものは、天井に描かれた空の様子です。

 まるで本物のような錯覚を受けます。

 お客も乗せ、漕ぎ手のカンツォーネも聞けたりします。

 
IMG_6992.JPG

IMG_6985.JPG

 息子が、シルク ドゥ ソレイユの「O 」のチケットを取っていてくれたので

 上映されるホテル「ベラッジオ」に歩いて向かいます。

 行く途中に撮ったビルなどです。

IMG_6996.JPG

IMG_6995.JPG

 ベラッジオは、テレビなどでもよく上映されるその噴水ショーが有名ですよね。

 15分おきに噴水ショーを見ることができます。

IMG_7001.JPG

IMG_7008.JPG

 写真では、なかなかお伝えできませんが、まるで、生き物ように噴水が踊る感じです。

IMG_7011.JPG 

 イタリアの高級別荘地コモ湖をテーマに建てられた豪華ホテルです。

 ベラッジオの中に入り、いよいよシルク ドゥ ソレイユの会場前です。

IMG_7013.JPG


 オペラハウスのような劇場です。

IMG_7017.JPG

 始まる前のピエロたちの楽しい余興です。

IMG_7019.JPG

 ショーの様子は、撮ることはできませんが、

 ここでしか見ることのできない「O」は華やかな水中・水上パフォーマンスでした。

 タイトルの「O(オー」は、フランス語の水に由来するようです。

 自由自在に水深が変化する巨大プールの舞台

 シンクロナイズド ダイバーなどの息をのむ演技 アクロバットショーなど

 目が離せない感じで引き込まれます。

 フィナーレの様子です。観客ほとんどのスタンディングオベーションでした。

11035585_640429549425837_5835161130348132769_n.jpg

 感動の嬉しい時間をセッティングしてくれた息子に、本当に感謝です

IMG_7022.JPG

 ショーを見た後は、お腹がすいてきてちょっと遅い夕食です。

 ベラッジオの前で、エッフェル塔がシンボルのパリスの中にある

 「モン アミ カビレストラン」に行きました。

 フレンチのお店ですが、とても気さくに楽しめるレストランです。

 それぞれにステーキを食べたのでしたが、思った以上に柔らかくて味もとても良かったです。

attachment00 (9).jpg

 
 通されたところが、テラスの噴水ショーの見える場所でラッキーでした。

 食事をしながら、バージョンの違った噴水ショーがいろいろと見れます。

 夜の噴水ショーは、また昼間と違った美しさで幻想的です。

IMG_7032.JPG

 夜遅くても、そのネオンのきらめきは消えない不夜城のラスベガスです。

11401269_640429749425817_7112583750833446094_n.jpg

10494588_640429599425832_2673354289473873683_n.jpg
 

サンタバーバラ~ラスベガス [観光スポット(USA)]

IMG_6916.JPG

 サンタバーバラの桟橋からの風景

 私たちが滞在したときには、ずっと曇り日和で、息子が言うには、いつもは晴れた日が多く

 海もとてもきれいなんだけどと、残念そうに言っていました。

 サーフィンもできる場所もあるようです。


IMG_6913.JPG

 桟橋の先のほうに来てから撮った写真です。

 ここは車でも入れる広い桟橋で、レストランなどのお店も入っています。


IMG_6912.JPG

 晴れていたら、まだきれいな色が楽しめたのかもしれませんが、湿度があまりなく

 海からの風が心地いいです。

IMG_6918.JPG

 もやがかかっていて、はっきりしませんが、白壁にオレンジの屋根で統一された家並みが特徴の

 南スペイン風の景色が楽しめるサンタバーバラです。

IMG_6920.JPG


 夕食は、息子が美味しいという「エンタープライズ フィッシュ」というシーフードのお店に

 行きました。

IMG_6929.JPG

IMG_6924.JPG

 息子と娘が食べた大きなロブスター

11013221_640425262759599_8609518066432689347_n.jpg

 私も味見をさせてもいらいましたが、とても美味しいロブスターです。

 私は、白身魚のソテーに魅かれて注文しました。
IMG_6925.JPG

 野菜もふんだんで、上品な味わいです。

 大きなジャガイモのお料理

IMG_6927.JPG

 本場カリフォルニアワインもすすみます。

IMG_6926.JPG


 サンタバーバラには、2泊しましたが、穏やかで静かな美しい街という印象です。

 ここの気候は、冬は温暖で、夏も平均20~25度くらいとのこと。

 こんなところだったら、住むのにもとても居心地が良さそうです。

 
 サンタバーバラを後にし、息子の車でラスベガスに向かいます。

 フリーウェイに乗り、しばらくすると砂漠地帯がずっと続きます。

IMG_6950.JPG


IMG_6944.JPG

IMG_6937.JPG

IMG_6953.JPG

 アメリカの広さを一段と感じます。

 娘が、お母さんの好きな曲もかけてあげるねと、山下達郎さんの

 「RIDE ON TIME」「SPARKLE 」「LOVELAND ISLAND」などいろいろ流してくれました。

 アメリカの広大な地に、山下達郎さんの曲は、なんて合うのかしらと心地いい時間でした。

 
 右手に大きな塩田が、見えてきます。

IMG_6948.JPG

 世界最大の太陽熱発電所も左手にあります。

IMG_6951.JPG

11412213_640424826092976_732722172790945416_n.jpg

 5~6時間かけてラスベガスに行くわけですが、

 途中途中に、ガソリンスタンドや軽食が食べれるカフェなどがあり立ち寄れます。

 休憩とちょっとお腹もすいてきたので、ハンバーガーを食べたりもしました。

 いよいよ、ラスベガスが見えてきました。

IMG_6954.JPG

 広大な砂漠のあるネバダ州に位置するラスベガス。

 砂漠の真ん中に突然出現する感じです。

IMG_6958.JPG

 夜はネオンで目もくらむような明るいラスベガスの町。

 私たちが宿泊した「ベネチアン」も見えてきました。

IMG_6959.JPG

 次回に続きます。



 






続 サンタバーバラ(裁判所 教会) [観光スポット(USA)]

IMG_6842.JPG

 南スペイン風の家が並ぶサンタバーバラですが、ここにはとても美しい裁判所があります。

IMG_6843.JPG

 白い時計台が目印の裁判所。

IMG_6846.JPG

 法廷の中の様子です。

IMG_6849.JPG

IMG_6850.JPG

 私が思っている裁判所とは、とても違う、まるで教会のような感じです。

 天井から下がるシャンデリアもおしゃれです。

IMG_6852.JPG

IMG_6853.JPG

 建物内のライトや壁、柱の装飾なども芸術的です。

IMG_6854.JPG

IMG_6857.JPG

IMG_6858.JPG

 廊下に置かれたいすや窓枠も素敵です。

IMG_6859.JPG


IMG_6863.JPG

 中庭には、芝生もあって、恋人たちがゆっくりと座ってくつろいでいたりもします。

IMG_6867.JPG

IMG_6871.JPG

 今でも、現役で裁判も行われたりもするようです。

IMG_6866.JPG


 サンタバーバラの教会にも行きました。

IMG_6881.JPG

 オールドミッションサンタバーバラ

 1786年に、スペインの宣教師によって建てられた美しい教会です。

 ふたつの鐘楼が両側にある教会で、その美しさから「伝道所の女王」とも言われるようです。

 

IMG_6883.JPG

 教会の前のスペースには、チョークで描かれた絵を見ることができました。

 息子の話では、2週間くらい前に描かれるイベントがあったとのこと。

IMG_6880.JPG

IMG_6879.JPG

 見ごたえのある素晴らしいチョーク絵

 日にちが経過しても、まだきれいに残っています。

 雨の少ないカリフォルニアの地だからこそできるイベントかもしれませんね。

IMG_6882.JPG

 次回は、サンタバーバラの桟橋など、もう少しサンタバーバラの記事が続きます。


 
 

サンタバーバラ [観光スポット(USA)]

IMG_6772.JPG

 息子が住んでいる居住区で見かけた、ショウブのようなきれいな花です。

 
 サンフランシスコから向かったサンタバーバラに着いた時は、もう夜になっていました。

 「イツキ」という、こちらではなかなか評判の良い日本食レストランでお寿司を食べました。

 日本と比べてどうなのかしらと思いましたが、

 遜色ない感じで、とても新鮮で美味しいお寿司でした。

 
 息子の住んでいるところには、共同で使えるプールもあります。

 この日は、曇り日和で気温がもう少し高かったら、娘も泳ぎたかったようでしたが・・・。


IMG_6759.JPG

IMG_6760.JPG

 バーベキューなどできるところも

IMG_6763.JPG

 温水のプールもあります。

IMG_6766.JPG

 管理人室のほうにはジムもついていて

 娘とこの環境に羨ましいねと話しながら見て回ったりもしました。

 
 アガパンサスも咲いています。

IMG_6774.JPG

 我が家でも今咲いているので、気候的には同じくらいなんでしょうか。

 でも、サンタバーバラは、日本のようにじめじめしてなく、とても心地よく過ごしやすいです。


 UCSB(カリフォルニア大学サンタバーバラ校)

IMG_6777.JPG

 海沿いの大学です。

IMG_6781.JPG

 学内は、緑が多く、ジャガランダなどの花も咲いていて雰囲気が良いです。

IMG_6793.JPG

IMG_6816.JPG

IMG_6817.JPG

IMG_6800.JPG

 オリーブの木が植えてあるところもあります。

IMG_6786.JPG

 植物たちにとっても、住みやすい環境かもしれませんね。

 大学の横から海に降りられるようにもなっています。

IMG_6825.JPG

IMG_6823.JPG

 海に降りて、この砂場のところで本を読んでいる学生さんも見ました。

 のどかで、くつろげる場所があるっていいですね。

 ここUCSBからは、6人ほどノーベル賞をとられた方たちがいらして

 記念の青いのぼり旗が、掲げてありました。

IMG_6827.JPG

 昨年ここから受賞された中村修二教授のものもありました。

IMG_6831.JPG


 サンタバーバラの家並みの一部やお店などの様子です。

IMG_6832.JPG

IMG_6835.JPG

IMG_6839.JPG


IMG_6898.JPG

IMG_6897.JPG

IMG_6899.JPG

IMG_6904.JPG

IMG_6905.JPG

IMG_6901.JPG

 
 次回は、美しい裁判所や教会を載せたいと思います。








 

 続 サンフランシスコ [観光スポット(USA)]

IMG_6701.JPG

 サンフランシスコの続きです。

 今向こうは、日没が8時半くらいなので、日中の明るさが長いです。

 上の写真は、教会の写真です。とても遅い時間ですが、全景をきれいに見ることができます。


IMG_6702.JPG

 ホテルのロビー

IMG_6705.JPG

 一夜明けて、チョコレートで有名なギラデリの工場を改装したショッピングモールに行きました。

IMG_6708.JPG

 煉瓦の建物で、中に入るときに試食用のチョコレートももらえます。

IMG_6710.JPG

 チョコレートの種類も多いです。


 娘が行きたいお店「ビクトリアシークレット」などの入ったデパートにも行きました。

 私も、今回行けなかった倉敷の長女へ、ビクトリアシークレットのボディソープ・クリーム

 フレグランスミストなどのセットになったポーチをお土産に買いました。

 娘も、水着など気に入ったものがいろいろ購入できて喜んでいました。

 

 ここのフロアーで10分からできるマッサージ営業があり、

 娘を待っている間、私もしてもらいました。

 地元のお客さんも多く、マッサージ用の椅子が4~5台あるのですが、常にいっぱいでした。

 肩や頭、背、腕などとても気持ちの良いマッサージで、体が軽くなり、すっきりします。

 

 町並みを車上から見ますが、どこを見ても美しい建物が並んでいます。

IMG_6711.JPG


IMG_6713.JPG

IMG_6715.JPG

IMG_6716.JPG





 以前、NHKで放映されていた、

 サンフランシスコに住んでいる家族のホームドラマ「フルハウス」をご存知でしょうか。
 
 妻を事故で亡くした男性ダニーが、残された3人の娘たちを、

 男友達や義弟と共に育ててゆくという話。
 
 今、またEテレで再放送されています。

 ここのロケ地にもなったアラモスクエアにも行ってみました。

 ドラマのオープニングでも出てくるようなビクトリアンハウスが並んでいます。

IMG_6719.JPG


IMG_6725.JPG

 パステルカラーで統一されたおしゃれな建物です。

 その横にある公園です。

IMG_6720.JPG

IMG_6724.JPG

 ドラマの家族が、ここで遊んだり、ピクニックする様子も映像で流れたりします。

 公園は高台にあるので、向こうの家並みもきれいに眺めることもできます。

IMG_6723.JPG


 

 サンフランシスコを後にし、サンタバーバラに向かいます。

 道中が長いですが、車上からの眺めも楽しみながら時間も過ぎていきました。


 牛たちが放牧されています。

IMG_6733.JPG

 広い農作地

IMG_6738.JPG

IMG_6739.JPG

 もうとっくに夕方を過ぎているのですが、目に飛び込んでくる景色は明るいです。

IMG_6742.JPG

 小さい集落も、建物の色が統一されています。

IMG_6735.JPG

IMG_6737.JPG

 海が見えてきました。

IMG_6743.JPG

 いよいよサンタバーバラの街に入ります。

 この続きは次回に載せます。




 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。